長汐ちはる徒然日記『&spoon&…。』2019年度の活動予定は未定。

長汐ちはる徒然日記『&spoon&…。』

 

こんにちは!
【東京都足立区ママのお茶会・ランチ会の❤あだちママカフェ❤&❤あだちママサロン❤&育児応援イベント❤あだちママフェス❤を運営しているNPO法人アンドスプーン(&spoon)】の代表理事の、長汐ちはるです。

予定は未定の来年度。2019年にやりたいと思っていることの長~いつぶやき。

足立ママたちは、何してる?

さて。やりたいことの前に、足立のママたちは一体何してると思う?
みなさん、何しているんですか?笑

私も足立のママなので、私の話。

夫の仕事のため(とは思えないのだけども…)はるか東(北?)に引っ越してきましたが、誰一人友人もなく、もともとは杉並・中野に十数年住んでいて、東寄りに住む選択肢はゼロ。むしろ横浜方面に住みたかった。っていうか武蔵小杉。
結婚直前に最後の中野区の部屋から東寄りに余儀なくされ、駅だけは私に選ばせてくれ!!と懇願し、駅名だけで「清澄白河」で着地。

「清澄白河」!!なにこの駅名。「田園調布」みたいなリズム感!清く澄む白河!
両国と門前仲町という暑苦しく男臭そうな駅に囲まれた「清澄白河」!!!
ココに骨を埋める覚悟で東へIN。

これまた住んだマンションもお気に入りで。環境もお気に入りで。何もかもお気に入りで、物件購入のタイミングでもこの地で探したのだけど。
高い…。今の住まいと比べたら驚くほど高かった…。
それでどんどん東や北に寄っていき、足立区へとたどり着いたのです。

 

足立区…。

 

杉並の高円寺に住んでいた頃、足立区出身の友人(男)が、「よく近所で発砲事件あったな~」と普通に話していて(えっ!?日常で発泡!?鉄砲の発泡!?スラム街!?)と足を踏み入れてはいけないゾーン的なイメージのままだった。
マンションの相談にゆくために、初めて足立区に足を踏み入れ(もしかしたら私は今日流れ弾に当たって死んでしまうのかもしれない…)と覚悟を決めて降りた西新井駅は(わ~!ここは神奈川県!?←住みたかった)と好印象。むしろ高円寺のほうが危険だわ~。とさえ思わせるほどきれいな街でした。足立区(西新井。しかみていない。この頃。)

住んでみると高齢の方からもよく話しかけてもらえる。とっても下町気質でいい意味のおせっかいな方が多くって人的にも大好きです。

 

さて友達もいないまま妊娠出産を迎えるのですが、産後、ドドッと親子教室とか、こどもとふれあいナンチャラとか、とにかくたくさんの無料参加(もしくは低額参加)な催しが多い。足立区。
そこでできたママ友が副代表の大原です。お互い子どもが3ヶ月の頃。

足立区は子育て支援が手厚いので、無料でたくさんの教室やイベントが開催されており、足立区最強の聖書「あだち広報」の子育てスケジュールはみんなチェックしているでしょう。私も産後の「あだち広報」の洗礼を受けました。

さてさて、待っていても届く「あだち広報」で気になる無料教室をいくつか予約でもすれば、ママの居場所確保です。
そのまま約3年ほど。
子どもが園に通うようになる頃には「あだち広報」も徐々に卒業となり、気づくと(あれっ!暇だ!)→(そうだ!パート行こう!)という感じ?

自分が参加ママの立場の頃を考えてみて、そして自分がコンテンツの提供をしていく側になってみて、改めて気づいたのは、子育て支援は手厚いが、無料範囲内のサービスの氾濫と、それが待っていても届く環境にあること。

待っていても届くならそれに越したことはない。そうなのだけどね。

ちょっとお隣、またそのお隣の地域になると、行政がそこまで手厚くないので、産後にどこか行ける場所~~~。と探すところからスタート。
すると民間や個人でされている有料教室と出会い、そこでまた新たな出会いがあり。
お金を支払うと本気度も変わりますしね。その場所が好きでいたいと思うし、得られるものは得てゆきたいとも思うし。
そもそも講座自体の質が良い。これはすごく大きい違いだとと思います。

無料でできることと、有料だからできることの差は、みんなが思っているよりとっても大きい。

実際に足立区内の有料教室が低迷していて、近隣や外のエリアではスグに満席になる教室やセミナーも、足立でやると人が集まらないとのこと。
私の数少ないリサーチによると(笑)ある程度の価格まであがると人気なのだけど、微妙な価格帯の教室やセミナーが低迷している気がするな。

たぶん認知されればその価格帯の教室に人は来ると思うんだ。
ただ想像以上に認知されていないだけで
なぜ認知されないかと言うと、自分から探さなくても待てば届く環境に慣れているから…。
(無料に慣れすぎている、ということもある)

子育て支援に手厚い足立区だけども、周囲のエリアをみても遅れを取っているな、という感想。運営をやっていて思うところです。

実際に長年活動をしている方は足立区外ではひっぱりだこなのに、なぜか足立区ではダメ、ということを何度も耳にする。
そりゃあね。みんな受け身だからね。
受け身を攻略するには攻めるしかない。そう。「あだち広報」なみに…。

この時代にフリーペーパー

みなさんのおうちに、ぱど、ってまだ届いていますか?
なぜかうちには気づいたら届かなくなっているのですが…。
まだあるようなのだけど…。なぜ届かなくなったのかな~。

足立ママはネットで地域の情報収集をあまりしていない?
ネットは見ているんだけど、イベントや会を知る機会が「チラシ」からの人が他のエリアより多い。
イベント運営をしていてなんとなく感じてはいたのだけど、実際にリサーチした機関があって、足立区はチラシ効果のほうが高いと出たそうです。(メモですよ!

誰に聞いても「あだち広報」最強説。もう同じくらいの頻度でポストインするしかない。

フリーペーパーにするしかない!!

拠点を作りたい、梅島~西新井をピンポイントに徹底的にポストインするしかない!!

2019年度はココに力を注ぎたいと思います(予定は未定)

多世代向けフリーペーパーを作るには?

でもね、子育て世代のためのフリーペーパーが、全く違うおうちに入っていたら…?
ちょっと嫌な気分になる人もいるかもしれない。
大量ポストインには莫大なコストも掛かるし、なるべく無駄を省きたい。
お金をかけて嫌悪感を持たれるなんてやらないほうがましだ!

じゃあ子育てページもあれば、シルバーページもあればどうかな。
足立区にはいろいろな活動をしている団体さんがいるわけで
そういった団体さんとみんなで紙面を作れば、多世代向けの情報誌に?なるのでは?

今ココ。

自分のところで完結しない方法なので、つながりが必要になるのだけど。
もともと、もっと認知されたい団体、認知されたほうがよい団体、は足立区にたくさんたくさんあります。
一緒に作ってたくさんの人に見てもらえれば、受け身で情報収集ができ、攻め側は拡散認知が広がり。

ひとまずできるところからですが。

大原が秋ころから「あだちママ新聞」を作っています。
主にあだちママサロンや、いつもお世話になっているcafe majicaに置いてもらうくらいですが。

まずはその新聞のブラッシュアップと置いてもらえるお店を増やすところからスタート。
ゆくゆくは上記のような「あだち広報」か?「あだち新聞(仮)」か?くらいのところまで持ってゆきたい!!

予定は未定だけど、書き留めておこうと思ってね。

 

それではまた。


みなさんの身近に❤あだちママカフェ❤をおいてもらえると嬉しいです★

長汐 ちはる

7,620 views

❤あだちママWEB❤管理人の長汐ちはるです! ❤あだちママカフェ❤の代表です。 2019年には区内で親子カフェをOPENしたいと思っていて、それまでできるこ...

プロフィール

NEWS!

関連記事一覧